最近の寒さでブーツが手放せなくなっている方も凄く増えていると思います。

さらに温泉で暖まったりというのも悪くないですよね。

そんなあなたには、水虫の危険が。。

そこで、いまから挙げる5つの項目に当てはまってないか確認してみてください。

  • 足が蒸れやすく、ベタベタとした汗をかきやすい
  • 銭湯や温泉施設によく行く
  • 足の裏や側面にぷつぷつと小さな水ぶくれが出来ている
  • 足の指の間や足の裏がかゆい
  • 夏でも革靴やストッキングを履くことが多い

この項目に3つ以上当てはまってしまっている方は、水虫の危険性があるので

一度病院に行ってみて先生の診断を受けてみてください。

当てはまっていない方も当てはまっている方も今からご紹介する6つの方法を試してみてください。

1.お風呂では足の指の間をしっかり洗う

足の指の間というのは汗がかきやすく、洗い忘れが多い場所になります。

ということは菌の繁殖もしやすい場所になりますので、なるべくキレイに洗いましょう♪

 

2.素足で歩かず、マットは踏まない

温泉やスパで下に引いてあるマットはなるべく踏まないようにしましょう。

もし水虫の人がそのマットを歩いていた場合、菌が付着していて自分の足についてしまう可能性があり、

マットは水分がたくさんついていますので菌が繁殖している可能性もありえます。

ですので少し神経質かもしれませんが、なるべくマットを踏まないようにしましょう。

 

3.人と同じスリッパは履かない

これも先ほどと一緒の理由です。

服屋の試着室においてあるパンプスも同じことが言えます。

少しめんどくさくても自分の靴をはくことをオススメします。

 

4.足の指の間は乾燥させておく

先ほども書きましたが、菌は湿っている場所が大好物です。

ですので指の間が乾燥した状態ですよ菌が繁殖しにくいため、

水虫になるリスクを減少させることができるでしょう!

 

5.同じ靴は毎日履かない

ブーツなどは特にですが、靴は足の汗を吸ってしまい湿った状態になることが多いので、

なるべく同じ靴を履かないことを心がけましょう。

もし一足しかないのであれば、似た靴を買うのも予防にはいいと思いますよ♪

 

6.靴箱には除湿剤を置いておく

冬場になると靴箱の中は、湿度が高くなり菌の繁殖がしやすい環境が作られます。

ですので除湿剤を置いておくことで菌の繁殖を防ぐことができ、水虫になるリスクを減らすことができるでしょう!

 

いかがでしたか?

オシャレをしたらするだけ水虫になる可能性も上がってしまうのです。

もし水虫になってしまったらすぐに治療してオシャレガールに戻りましょう。

少しの予防をするだけで水虫は防ぐことができるのでオシャレと一緒に気を配らせましょう♪