皆さんは蕎麦って食べますか?

私は時々、凄い蕎麦が食べたくなるときがあるんですよね。

実はそんな蕎麦には女性にとって、ものすごくカラダに良い食べ物だったんのです!

蕎麦の種類

蕎麦に種類があるってご存知でしたか?

1.十割蕎麦(じゅうわりそば)

十割蕎麦はその名の通り全て蕎麦粉だけで打つ蕎麦になります。

1番蕎麦の味がするのがこれですね♪

2.九割蕎麦(きゅうわりそば)

これは9割蕎麦粉で出来ていて、残り1割は小麦粉で作られた蕎麦です。

3.二八蕎麦(にはちそば)

これもその名の通り、蕎麦粉が80%に対し小麦粉が20%で出来ています。

4.逆二八蕎麦(ぎゃくにはちそば)

これは蕎麦の割合を指すものではなく、立ち食い蕎麦屋や乾麺などを指します。

一般的に食べられている蕎麦は蕎麦粉30%の小麦粉70%なので

この辺までなってくると、”蕎麦風味のうどん”といっても過言ではありませんね。

 

蕎麦の効果

先ほどまでは蕎麦の種類について説明しましたが、今からは蕎麦の効果についてご紹介したいと思います。

蕎麦にはアンチエイジング効果と美容効果、ダイエット効果があります。

一個ずつ効果を確認していきましょう。

・アンチエイジング効果

蕎麦には血管を若返らせる効果があると言われています。

そもそも血管の働きというのは血と一緒に酵素や栄養素がを巡らせるための通路という効果がありますが、

血管が老化してしまうと、うまく機能しなくなってしまい肌の老化はもちろん、脳や内臓などにも悪影響を与えてしまいます。

ですが蕎麦には、”ルチン”と呼ばれるポリフェノールの一種がたくさん含まれています。

このルチンを摂取することによって本来血管が持っている弾力性を取り戻したり、血圧を下げたり

血流をサラサラにすることができるのです!

しかしルチンは茹でると外に出てしまうので蕎麦湯は必ず飲みましょう。

・美容効果

蕎麦には、ルチンだけでなくはなくビタミンB群、コリン、食物繊維などが含まれております。

ビタミンB群には皮膚や粘膜を活性化させお肌をキレイに保つための新陳代謝を促してくれるのです。

コリンには肝臓へ脂肪がつきすぎるのを防いでくれるので動脈硬化や脂肪肝などの予防にもなりますよ。

食物繊維もたくさん含まれているので便秘や下痢で悩んでいる方にもオススメです♪

・ダイエット効果

今話題のGI食品にも蕎麦は含まれているのです。

GI食品というのは、体内に吸収されてから血糖値の上昇がゆるやかになる食品のことを指します。

血糖値の上昇が少なければ脂肪にもなりにくいのです。

そのGI食品の中に蕎麦は含まれているのです。

 

今挙げたのが蕎麦の効果になります♪

なかなか十割蕎麦を食べれるところを見つけるのは大変でしょうが、

十割蕎麦や九割蕎麦の場合カロリーも低い上にカラダにもものすごく良いので

食べたいと思ったらどんどん食べるようにしましょう♪