ヒンヤリと涼しい風が吹くようになり、本格的に秋が近付いて来ました。そんな秋の肌の悩みといえば、やっぱり肌のゴワつきが気になるという声が多いようです。気になるお悩みを防ぎ、ツルツル肌を作るためのちょっぴり意外なケアについてお話しします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■秋はターンオーバーの乱れによるゴワつきが多い

私たちの肌は本来、周期的にターンオーバーを行うことで、新しい表皮が作られると同時に、古い角質は垢としてはがれ落ちる仕組みになっています。しかしながら、夏の強い紫外線や汗、冷房などのダメージを受けた肌は、どうしてもターンオーバーのリズムを崩してしまいがち。したがって、夏の終わりから秋の始まりはいつもの肌と比べて角層が厚くなっています。角層が暑くなると、ゴワつきが気になってしまいますので、肌をいたわりながら、肌からストレスを取り除いてあげるケアが必要です。

■ツルツル肌を作る! 目からウロコケア3つ

(1)乳液で拭き取り

化粧水を塗る前の拭き取りを、少し贅沢に乳液や美容液で行うことで、肌にスキンケアが浸透しやすくなります。コットンに乳液や美容液を出し、マッサージするように軽くすべらせて使いましょう。古い角質も拭き取ることができるので、肌のコンディションも整いやすくなります。

(2)秋こそW洗顔が活躍!

古い角質をスムーズに排出できず厚くなってしまった角層は、透明感が低下すると共に、スキンケアの浸透率も低下してしまい、肌にとって負のループに陥ってしまいます。そんな悪循環を打破するためにも取り入れたいのがW洗顔。「W洗顔不要」を謳っていないクレンジングと洗顔を各々使い丁寧に顔を洗うことで、汚れや角質を落としつつも潤いを維持しやすくなります。

(3)ブースターで肌力アップ

夏から秋、そして、室内外の気温差などで、肌力は低下しがちだからこそ、化粧水と乳液のスキンケアの前に導入したいブースター。最初に塗ることで次に使う化粧品の浸透力を高めてくれるから、弱っている肌でも美容成分の浸透率を高めることができます。

いつもと少し差をつけた角層ケアでゴワつきを解消しましょう。
(前田紀至子)

【関連記事】

今さら聞けない!? うるおいキープの立役者「角層」って何?

【参考】

季節と肌のお手入れ – インプレス化粧品 – カネボウ化粧品

室内外の気温差で、肌の乾きを感じたら ベーシックケアを見直してうるおい肌に – 美肌暦 – KOSE