冬にブーツを脱ぐと、少しニオイが気になるときってありませんか?

実はブーツを履いて数分経つとブーツの中の湿度が100%になっているのです。

湿度100%の状態と効いてもなかなか想像がつかないとは思いますが、

簡単に言うと、とんでもなく湿っている状態であることが言えるでしょう。

足の裏にはエクリン線という汗腺が集中しており、汗をかきやすい場所であるのです。

ブーツの中の、タイツやストッキングでは汗を吸い取れず

そのままになった汗が皮膚にある常在菌がニオイを発しているのです。

では、どうすればにおわないブーツを作れるのかをご紹介します。

 

1.中敷を入れてこまめに変える。

中敷をいれこまめに変えることによって、乾かすことができるのでニオイを発しづらくなるのです。

3枚くらい中敷を用意しておけば問題ないですね♪

 

2.五本指の靴下を履く

5本指の靴下を履くことにより、指と指の間の汗を吸い取ることができ、ニオイを発しづらくなります。

しかし、5本指の靴下は見栄えが悪いので靴を脱ぐときは使いづらいですね。。。

 

3.ナイロンのストッキングやタイツをはかない

ナイロン素材のものは、汗を吸いづらいのでニオイの元となりやすいです。

ですので綿素材の靴下や消臭効果のある靴下を履くようにしましょう

 

この三つを意識することにより、ブーツを脱いだときにニオイが気になりにくくなります。

もし、ブーツにニオイがついてしまっている場合は、

1.10円玉をブーツの中に入れる。

2.新聞紙を丸めて入れる

3.緑茶などのでがらしを入れておく

をやることによりブーツの消臭ができ、更に殺菌効果も期待できるので試してみてください。

ブーツにニオイをつけないコツとしては、毎日同じブーツを履かないということを意識するだけで

ニオイがつきにくくなりますよ♪